介護ファクタリング

介護ファクタリング-レセプト請求をすぐに現金化する方法

Factoring Q&A

悪徳ファクタリング会社を見抜く方法

更新日:

悪徳ファクタリング会社

 

多くのファクタリング会社は当然ながら真面目な事業をして多くの会社や企業の資金調達の手助けをしています。しかし残念なことに中には評判の悪い、いわば悪徳会社とも呼べる業者も存在しているんです。

ではそれら悪い業者に騙されないためにはどうすればいいでしょうか?

どうすれば質の悪い業者か見極めることができるでしょうか?

 

悪徳ファクタリング会社の手口とは?

 

悪徳ファクタリング会社がやる一般的な手口について紹介します。

2社間ファクタリングなのに格安手数料をウリにしている

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというものがあります。2社間というのは、あなたの会社とファクタリング会社の2社になります。一方3社間ファクタリングの場合は、あなたの会社とファクタリング会社、そして売掛先の会社の合わせて3社で合意のもと取引が行われます。

 

通常2社間ファクタリングの場合は、売掛先の会社の倒産リスクなどがあることから手数料は10%~30%と高い設定になっています。3社間ファクタリングの手数料は5%程度と比較的安い金額で契約されることが一般的です。

しかし悪徳ファクタリング会社は2社間ファクタリングにも関わらず非常に安い手数料をウリにしてきます。でもそれは実際にはいわば撒き餌のようなもので、本当は手数料を後で上げてくるというやり方が多いのです。

ファクタリングの審査が進み、いざ契約となった時点でこんなことを言ってきたりします。

 

「あともう少しで契約できるところだったのですが、最終審査で落ちてしまったのです。売掛先の会社に□□のリスクが見つかり、このままでは契約できません。でも手数料を引き上げさせてもらえたら、そのリスクをうちが負いますので......」

 

といったような感じです。最初はすぐに審査は通りますので安心してくださいと甘いことを言い、楽観視させてきます。それを聞くと、すぐに審査が通り資金も調達できものと安心しますよね。でも最後の段階になって、審査が落ちましたと言われると、他の金策を考えていなかったこともあり、資金もショート寸前だし、他社への支払いもあるし、できるだけ早く入金してもらわないと倒産してしまうことになりかねません。それでしかたなく高い手数料を支払うことに。。。

 

介護ファクタリングの場合は、あなたの事業所、ファクタリング会社、そして国保連という3社ファクタリングに該当します。ですので手数料は3社間ファクタリングに比べてかなり安いのが一般的です。そして介護ファクタリングは、介護報酬を債権として買い取るため、いわば国相手の債権ですから焦げ付く心配がないためさらに手数料が安い傾向があります。

 

 

 

手数料が上積みされていく

上記の場合は最終段階になって高い手数料を提示され契約するはめにという話ですが、それと似たようなケースとして、途中で少しずつ巧みに手数料の上積みを求められる場合があります。たとえば最初は手数料は3%と謳っているにも関わらず、5%、8%といったように手数料が上積みされていくことがあります。

「赤字決算を出されている事業者の場合は」「起業5年以内の会社は」「入金日を早めるので」など、色々な理由をつけては手数料の上乗せを求めてくる場合があります。気がつけば、当初の手数料とは比べ物にならないほどの高額に、といった場合もあるので要注意です。

 

 

支払われる金額が予定と違う

これもよくある手口の一つなので要注意です。たとえば100万円を入金してもらうことになっていたのに、いざ蓋を開けてみると色々な名目でお金が引かれているという場合があります。初回契約料、保証料、〇〇手数料、〇〇代行料といった具合です。こじつけとも言える色々な名目で少しずつお金が引かれているのです。結局100万円が調達できる見込みがそれの半額以下だったというような最悪のケースもあるんですよ。

 

このような手口であなたを食い物にしようとしている悪徳ファクタリング会社も実際に存在します。

しっかりとその手口を見極めて、安心にお願いできる信頼できるファクタリング会社に依頼しましょう。

介護ファクタリングを利用する場合は、介護報酬や医療報酬といった国保連相手の債権買取を専門にしているファクタリング会社のほうが安心してお願いすることができます。

 

 

介護ファクタリング-介護報酬をすぐに現金化して資金繰りを良くする方法 トップページへ

-Factoring Q&A

Copyright© 介護ファクタリング , 2020 All Rights Reserved.