介護ファクタリング

介護ファクタリング-レセプト請求をすぐに現金化する方法

 

人件費が高騰していて資金繰りが厳しい

 

毎月のFCに払うロイヤリティ料がキツイ

 

新しい車や介護機器を導入したいがキャッシュがない

 

銀行の融資が下りない、使える助成金がもうない

 

介護ファクタリングというのを聞いたけれどそれって一体なに?

 

介護事業、及び介護施設を運営または経営していく中でどうしても資金繰りが厳しくなる時がありますよね。

 

介護事業経営の厳しさ

 

介護報酬のレセプトに不備があり、思っていた報酬額が支払われなかった。人員不足により新たな利用者を増やすのが難しい。近くに設備の良い新しい介護施設がオープンした。などの様々な理由により介護事業の運営が厳しくなる時があります。

 

資金繰りが立ち行かなくなり、最悪倒産という事態にまで発展してしまうことがあります。近年の介護業界で大変ショッキングだったニュースは北海道の介護事業大手であった「ほくおうグループ」の倒産でした。北海道道内で23もの介護施設を運営していたものの、最終的な負債総額は43億3400万円にも上り、倒産という憂き目にあってしまいました。

 

ほくおうグループの倒産

 

実は今、全国の介護施設の倒産が増えているんです。同業者の参入による競争の激化、介護報酬の引き下げ、人手不足による人件費の高騰などにより、経営を厳しく感じている介護施設や介護サービス業者は大変多いんです。

 

年配者の介護という大変な仕事をしながらも、きちんと経営をして利益も同時に出さなければいけない。福祉という綺麗な言葉では済まされない現実がそこにはありますよね。

 

綺麗事では済まされない介護事業経営の現実

 

そういった厳しい現実の中で、介護施設や介護事業を懸命に経営している皆さんに、介護ファクタリング、または介護報酬ファクタリングという借りない資金調達、銀行に頼らない資金繰りの方法について、ご紹介しています。

利用者さん、そして雇用している職員の幸せのために日夜頑張ってらっしゃる、介護施設、介護事業の経営者の皆さんの資金繰りのお役にお役に立てれば幸いです。

 

おすすめ介護ファクタリングの会社

介護ファクタリングなら専門会社のHファクターへ

Hファクター

 

Hファクターは、介護ファクタリングを専門に取り扱っているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

介護事業専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

介護ファクタリングとは?

介護ファクタリングとは一体どういうものでしょうか?まず、factoring(ファクタリング)というものの仕組みをご紹介いたします。ファクタリングというのは、売掛金を買い取ってすぐに現金化してくれるサービスのことを言います。

 

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらい、すぐに現金化してくれるサービスのこと

 

一般の会社や企業の場合は下記の図のような仕組みでお金が回っています。

 

通常の売掛金の図

 

あなたが何かの会社を経営しているとして、取引先Aに商品を納品します。そして支払いは2か月後の月末だったとします。商品は納めたけれど入金がまだなされていないことを、売掛金が発生していると言います。

 

納品や請求はしたけれど入金がまだない状態のことを売掛金があると言う

 

通常ならば2か月後の入金まで待つのですが、何かの事情で急な支払いが必要になった、キャッシュが必要になったというような2か月先まで待てない状況になったときに、ファクタリングサービスを利用することがあります。

 

この売掛金が仮に200万円だったとしたならば、この売掛金を債権としてファクタリング会社に買い取ってもらい、200万円を(一定の手数料が引かれます)2か月待たずして受け取ることができます。そしてファクタリング会社は、2か月後に取引先Aから売掛金を受け取ります。

 

このようにほぼ確実に入金されるであろうお金を、債権として買い取ってもらうことにより2か月待たずに即現金化できるというのが、ファクタリングなんですね。

 

介護ファクタリングの仕組みは?

では介護ファクタリングの場合はどのような仕組みになっているのでしょうか?

売掛金の部分をそのまま介護報酬に置き換えると分かりやすいかと思います。

 

介護事業の場合はお金は利用者負担の分は利用者からもらいますが、保険部分のお金つまり介護報酬は国保連合会に毎月10日までにレセプト請求をして、そこから約2か月後に国保連のほうから入金がなされるという仕組みになっていますよね。

 

下記の図のような仕組みになっています。

レセプト請求の図

 

通常はレセプト請求をしてから約2か月後にお金を受け取ることができますが、もし緊急なお金が必要になったりした場合や、介護機器を新たに導入したいけれどキャッシュがない、といった場合に介護ファクタリングを利用することで、資金繰りを良くすることができるようになります。

 

介護ファクタリングを利用した場合は、下記のような動きになります。

 

介護ファクタリングの図

 

介護事業者 → レセプト請求をする

ファクタリング会社 → 国保連にレセプト請求の確認をする

ファクタリング会社 → 確認後、介護事業者に即入金

国保連 → 2か月後にファクタリング会社に支払い

 

こういった形で行われます。

 

あなたは、通常は約2か月後に現金化されるレセがすぐに入金されるので、急な出費や支払いや、設備投資などがすぐに行なえるという訳です。

これが介護ファクタリングの仕組みなんです。

 

介護ファクタリングと銀行融資の違いは?

銀行の融資と介護ファクタリングとの違い

 

では次に介護ファクタリングと銀行や金融機関による融資との違いについてご説明していきます。

 

まず大きな違いは融資は借り入れのことであり、負債扱いになります。つまり当然ですが銀行からお金を借りる訳ですから、借金をするということになります。そして借りたお金を長期間に渡って返済していくことになります。

 

銀行融資 = 借金

 

しかし介護ファクタリングは借金ではありません。レセプト請求をしたものをファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化を早めているだけです。買い取ってもらってお金を受け取っているので、借金ではない訳ですね。

 

介護ファクタリング = 買取

 

このことを介護報酬債権の買取とも表現します。あなたはレセプト請求した介護報酬を債権として買い取ってもらい、約2か月後に国保連から入金されるお金を前倒しで受け取っているに過ぎません。そしてファクタリング会社は約2か月後に国保連からお金を受け取ります。

 

融資 = 長期に渡る返済が必要

 

介護ファクタリング = 国保連からの入金が返済代わり

 

さらに銀行などによる融資との違いについてご紹介いたします。

 

銀行の融資審査には時間がかかる

銀行や金融機関による融資や借入には、かなりの審査の時間が必要となりますし、揃えなければいけない書類なども大変多くあります。融資の許可を得るまでには時間も労力もかなりかかってしまうのが現状です。簡単にはいかない訳ですね。

なぜでしょうか?

実はそれは当然で、銀行側としてはこれから何年にも渡って返済してもらわなくてはいけませんから、きちんと返済能力があるのかどうかを時間をかけて精査する必要があるんですね。過去の決算書や、バランスシートなどの財務諸表の書類も必要にもなってきます。そういったものをチェックして総合的に判断して融資の可否が決められるわけですね。

仮にあなたの事業所が倒産してしまったら、銀行は貸したお金を返してもらうことができなくなってしまいます。ですから返済期間しっかりと事業を続けられるかどうかを、時間をかけて審査される訳です。

 

銀行の融資 = 返済されないというリスクがあるので審査に時間がかかる

 

一方介護ファクタリングはどうでしょうか?

 

介護ファクタリングは審査がカンタン

繰り返しになりますが、介護ファクタリングは借り入れではなく、レセプト請求をした介護報酬債権の買取になります。そしてファクタリング会社は2か月後に確実に国保連からお金を受け取ることができます。ですからそこには長期に渡る返済といった概念はありませんし、ファクタリング会社は用意したお金を回収できないということはありません。なぜなら仮にあなたの事業所が倒産してしまっても、レセプト請求をした介護報酬は国保連から確実に入金されるからです。

 

ファクタリング会社からすると、確実に回収できるというリスクのない状態ですから、当然審査もカンタンになります。

 

介護ファクタリング = 国保連からの入金は確実なので審査がカンタン

 

しあなたがお友達から、「2か月後には100%確実に返せるのでお金を貸して欲しい」と頼まれたらどうでしょうか?本当に確実に返してくれることが分かったならば、お金を渡すのではないでしょうか?

もしこれが、「5年かけてコツコツ返していくのでお金を貸して欲しい」と頼まれたらどうでしょうか?ちょっと躊躇してしまいますし、本当に返せるのかどうか調べたくなりますよね。

 

これがファクタリングと銀行融資の違いなんです。

銀行融資は返済期間が長いので返済能力や信用度のチェック等で審査に時間がかかりますが、一方介護ファクタリングは100%回収できるので審査がカンタンなんです。

 

介護ファクタリングのメリットとデメリット

メリットとデメリット

 

では次に介護ファクタリングを利用するメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

 

素早い資金調達ができる

先ほどもご説明したとおり、ファクタリングは審査がカンタンです。銀行や金融機関による融資や借入と比べると雲泥の差です。ですので、急ぎの支払いがある、急にキャッシュが必要になったといったような緊急の場合に大変相性が良いんです。

 

赤字決算や税金滞納でも可能

介護ファクタリングは赤字決算や税金を滞納しているような場合も、よほどのことがない限り審査をクリアできます。銀行などでは赤字決算や税金滞納があるとほぼ確実に審査は下りません。

銀行などはその会社や事業所の状態を重視します。長期に渡る返済が可能な会社なのかをチェックします。ですから赤字が出ていたり、税金も納められない会社は融資をするのにリスクが高いと判断されてしまいます。

 

介護ファクタリングはなぜ赤字決算や税金滞納でも可能?

ファクタリング会社は、その依頼してくる会社や事業の状態をあまり重視していません。そうではなく、買い取る債権の信用度を主に見ています。回収できる信用度の高い債権なのかどうかが重要なんですね。

しかし介護ファクタリングの場合は介護報酬という国保連から入金されるという意味で確実に回収できる債権になりますので、ほぼ無条件で契約が可能になります。ですから、赤字を出しているとか、税金を滞納しているとか、そういうのは介護ファクタリングの場合は基本的に関係ないんですね。

 

保証人や担保が不要

銀行などから融資や借入を受ける場合は、確実に保証人や担保が求められます。しかし介護ファクタリングの場合はそれらも必要ではありません。ファクタリング会社は買い取る債権の信用度を見ています。介護ファクタリングの場合はレセプト請求による介護報酬がそれにあたります。国保連といういわば国相手のものになり、確実に資金を回収できるので保証人や担保は不要なんですね。

 

面談の必要がない

銀行からの融資などは、何度も直接金融機関に出向いて面談や交渉をする必要があります。しかし介護ファクタリングの場合は、そういった面接や面談などは必要ありません。電話1本で話が済みます。審査がカンタンなのでできる気楽さですね。

 

メリットは他にもたくさんありますが、一方デメリットには何があるでしょうか?

メリットとデメリット

 

手数料の問題

ファクタリングの場合は手数料が少し高目というデメリットがあります。銀行からお金を借りる場合は金利がかかりますが、ファクタリングの場合は融資や借入には当てはまらないため、手数料という呼び方をします。債権を買い取ってもらい手数料を引いた額がファクタリング会社からあなたの会社に振り込まれます。

一般的なファクタリングの場合は、その手数料が少し高いのがネックになります。ファクタリング会社によっては、20%ほどの手数料をとる場合もあります。

なぜそこまで高額なのでしょうか?

それはファクタリング会社のリスクが高い取引があるからです。たとえば一般の会社の場合は、ファクタリング会社は売掛金を債権として買取ることになります。ではもしその売掛先の会社が倒産してしまったらどうなるでしょうか?当然回収することができずに、不良債権となってしまいますよね。そういったリスクがあるので、通常のファクタリングは手数料が高く設定されています。

しかし介護ファクタリングの場合は違います。

 

介護ファクタリングの手数料は安い!

 

介護ファクタリングの手数料はとても安いんです。それはなぜでしょうか?それは繰り返しになりますが、介護報酬という国から支払われるものを債権として買い取っているからです。約2か月後には確実に国保連から入金され回収することができるからです。

 

通常の場合は売掛先の会社が倒産するリスクがありますが、当然国が倒産することはありませんので、ファクタリング会社からすれば、これは確実に回収できるリスクのない取引と言えます。ですから介護ファクタリングに限って言えば、手数料は非常に安くなります。

 

 

介護報酬債権は信用度100%!!

確実に回収できるので手数料が安い

 

それで通常のファクタリングは手数料の高さがデメリットになりますが、介護ファクタリングに限って言えば手数料がデメリットになることはありません。

 

おすすめの介護ファクタリング会社

おすすめのファクタリング会社

 

様々なファクタリング会社がありますが、その中でもレセプト請求による報酬や診療報酬を専門に買い取っている会社なら手数料も格安で済み、安心して契約をすることができます。

 

おすすめ介護ファクタリングの会社

介護ファクタリングなら専門会社のHファクターへ

Hファクター

 

Hファクターは、介護ファクタリングを専門に取り扱っているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

介護事業専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

介護ファクタリングという言葉の意味や仕組み、そしてそういったサービスがなぜ福祉事業をしている経営者にとって強い味方になり得るのかをご紹介してきました。

 

FCに支払うロイヤリティ料が高くて資金繰りがキツイ

 

人件費の高騰が経営に支障をきたしている

 

急なキャッシュが必要になった

 

などこの事業を営む中で出てくる大変な時期に、ファクタリングというサービスが事業を回していく上で大きな助けになると思います。

 

年配者のお世話や福祉を顧みるという大切で尊い仕事をこれからも順調に事業として成立させていくのは、並大抵のことではありません。福祉という言葉の綺麗さでは済まされない、事業経営という現実があります。

 

そういった中で引き続き利用者や地域の方たちにとって、あなたの事業所がより良き場所となることを願っています。そのためにこのサイトでの情報がお役に立てるなら幸いです。

 

おすすめ介護ファクタリングの会社

介護ファクタリングなら専門会社のHファクターへ

Hファクター

 

Hファクターは、介護ファクタリングを専門に取り扱っているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

介護事業専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

Copyright© 介護ファクタリング , 2018 All Rights Reserved.